私が考える血糖値の下げる方法

運動に置ける方法~運動によって血糖値を下げることが出来る

人間の体は、食物のエネルギーを体に吸収して蓄えて行きますが、どんなに栄養をしてもすい臓等の内蔵機能のおかげで常に分解され血糖値は、万全でいられますが、成人病としての諸症状によりこの血糖値のバランスが崩れやがて大病を患ってしまうことになります。

ですから健康診断等により血糖値のバロメーターは、常に観察する必要があると思います。

という私も一度糖尿病にかかり、インシュリンの投薬もありましたが、次の3つの対策法を実施して血糖値を下げ、インシュリンの投薬を静止することができました。

その3つの方法とは、①運動療法②食事療法③薬事療法(現在は行っていません。

)これらの方法を実践して血糖値を下げていきましょう。

血糖値を下げる具体的な方法

大事な方法のコツとしては「血糖値を安定させる決まった実践方法を定着させる。」という言葉につきます。

そこで提唱する具体的方法は

運動する工夫

一番血糖値が上がる傾向は「食後に運動しないですぐ寝たり、夜中(午後10時以降)に大量に食事をしたりカロリーの高い摂取を行ったりする事」、「食べてもほとんど運動しない」等々、しかし、内臓器官が正常であれば、きちんとした血糖値コントロールができますが、どこからか糖尿病予備軍にかかるといつも完璧ではいられなくなってしまいます。

少しでも血糖値が怪しく感じた時は、食物を吸収した後に運動する習慣をつけましょう。

(歩行、スクワットや腕立て、腹筋など可能)

食事の工夫

カロリーの制限はもちろんですが、血糖値の極端に上がりそうな物はその組み合わせに注意してください。

(ポイントとして最初に野菜だけを食し、その次に蛋白類や魚類など順番を変えて血糖値を上げない食品を食べることをお奨めします。


薬事法

これは医師の指示によっての問題ですので、処方のしじにしたがってですが、できるだけ薬事に頼らない方法ができるだけですがお奨めしたい所です。

(しかし、症状には個人差がありますので何とも語れない所です。

)以上のようにいつも同じ一定の方法により偏りの無い方法で実践して頂く事がおすすめです。

何が何でも血糖値の高いものを抑えてしまうとそのストレスが又、別の病気を引き出してしまうこともあり十分な調査と経験が必要と感じます。

(血糖は尿検査紙がドラッグストアなどで販売されております。

)一人一人が健康意識を持って生活することをお奨めします。

Comments are closed.

Tag Cloud