シュノーケリングの安全面について

海を楽しむ方法の一つとしてシュノーケリングがあります。

シュノーケル一つあれば楽しめるようになっていますし、フィンがあればより楽しめてあまりお金がかからない方法です。

ただ、実際に始めようかなと考えた際に一番気になるのが、料金面ではなく安全面です。

ではシュノーケリングは安全に楽しめるのかそれとも危険が多く楽しめないのでしょうか。

シュノーケリングは、ダイビングよりも気軽に楽しめるけれども、ダイビング同様に危険が出てしまいます。

まずダイビングよりも普通に泳ぐ方法にかなり近い位置づけ担っています。

ダイビングなら酸素ボンベがありますのである程度の時間水中にいたとしても大丈夫です。

しかしシュノーケリングは、水面ギリギリの状態を維持していないと呼吸できないので、ちょっと潜ってしまうだけでも呼吸ができなく普通に泳いでるのと一緒になります。

長い間泳ぎ続けるためには水面ギリギリの状態を維持していないといけませんので、それなりの泳ぎの技術が必要としています。

また、シュノーケルを過信していると、シュノーケルから入ってしまった水を飲んでしまう場合もあり、その時に冷静な判断で対処できるのかどうかも重要となります。

このように危険性が高くなっているのが事実ですので、とても簡単にそして安全にできるわけではないこと理解しておかなければいけません。

しかしサポートしてくれる人にしっかりと教わり、正しい遊び方をすると安全に楽しめますので、初めてシュノーケリングする人は、海に関して知識がある人そしてお店にサポートしてもらい楽しみましょう。

シュノーケリングはどこで楽しむために必要なことシュノーケリングは必要としている道具が多くないですし、誰でも購入可能としていますので気軽に楽しめます。

ただし危険面が多いのが事実ですので、安全に楽しむためにどうしても必要としていることがあります。

では何が必要としているのかというと、それはシュノーケルを使ってうまく呼吸できるようにする練習です。

シュノーケルを使って呼吸するのはとても難しいわけではないけれども、非常に簡単というわけでもありません。

シュノーケルはあまり長いわけではなく、ちょっと潜ってしまうだけで息ができません。

それどころか海水が入り込んでしまい飲んでしまう可能性があり、パニック状態に陥る場合もあります。

シュノーケルを使ってどこまでなら息できるのかを知ること、そして海水が入りこんだ際の対処方法を知って体で覚えておく必要があります。

そのためにも多少の練習が必要としていますので、いきなり本格的なシュノーケリングをするのではなく練習してください。

沖縄シュノーケリングスポットやどうすれと良いのかなど、正しい使い方については販売しているお店で教えてくれます。ので、知識がないのならまずは教えてもらい知識をつけるようにしましょう。

Comments are closed.

Tag Cloud