夏はノーアイロンで着られるシャツとロングカーディガンで

夏は汗をかきやすいので、着替えの服も多めにほしいですね。

また空調の効いたオフィスと、暑い屋外での気温差、強い日差しへの対策も難しいところ。

そこでお勧めなのが、ノーアイロンで着られるコットンとポリエステルの混紡のシャツです。

ここがいい! ノーアイロンで着られるシャツ

ノーアイロンで着られるシャツが便利なのは、手にはいりやすく種類が豊富で、お値段が手頃なところです。

試しにネットで「ノーアイロン ブラウス」などで検索してみて下さい。

数千円で買える服が種類豊富にヒットします。

実店舗ならユニクロやブリックハウス、シャツ工房などリーズナブルなお店でも取り扱っています。

まだあります ノーアイロンシャツの利点

ノーアイロンで着られるシャツの利点は、洗濯のしやすさと乾きの速さです。

洗濯機で気を遣わずにガンガン洗えますし、その後の乾きも早いです。

例えば長めの旅に出向くときなど、Tシャツよりも洗った後の乾きが早く、着ていて体に密着しないので涼しく、いいことずくめです。

またシャツやブラウスは着ていてきちんと見えるのも嬉しいところ。

夏のオフィスでもだらしなく見えません。

医療関係など、職場でユニフォームに着替える仕事にもぴったりです。

脱ぎ着がしやすく、ヘアスタイルがくずれる心配がありません。

冷房と日差し対策に

真夏でもシャツやブラウスを選ぶ際は、七分袖をお勧めします。

冷房対策になりますし、腕を日差しから守ってくれます。

それに半袖やノースリーブよりも着回しがきき、カーディガンをはおれば春や秋まで活躍させることができます。

はおるのはロングカーディガンがお勧め

上記のようなシャツと合わせるはおりものには、薄手のロングカーディガンをお勧めします。

素材はコットンとポリエステルやレーヨンの混紡がお勧め。

これなら暑い場所では脱いで腕にかけておいてもかさばりませんし、しわにもなりにくいです。

色は真っ白よりも、スモーキーなブルーやピンクなど、淡すぎない色をお勧めします。

控えめなラメが入っているものもいいですね。

薄すぎる色は、下に着ているシャツが透けてしまうのでお勧めできません。

それに、シャツはさわやかな淡い色で決めたいところですが、はおりものまで色合いが薄いと重ね着したときぼんやりとした印象になってしまいます。

おしゃれなニュアンスカラーのカーディガンなら、はおってよし、腰に巻いてファッションのアクセントにするもよし、大活躍してくれます。

旅行に持っていくのもいいですね。

飛行機の機内など、冷房が強い場所では長袖のはおりものが欠かせません。

ノーアイロンシャツとロングカーディガンで、快適なメンズ夏ファッションのおしゃれを楽しみましょう。

Comments are closed.

Tag Cloud